賃貸マンションを利用する為の記事です。

賃貸マンションを利用する為の記事です。
賃貸マンションを利用する為の記事です。

マンションの管理規約に書かれていることと管理組合

マンション入居の際には管理規約という冊子が配られるはずです。この冊子には、簡単にいうとそのマンションで生活するためのルールが書かれています。マンションのルールですから物件によって規約の内容は異なりますが、国土交通省が標準管理規約という冊子を作成してこの管理規約に関するガイドラインとしていますので、ほとんどの管理規約はこれをベースにして作られています。管理規約に定められている内容としては、具体的には専有部分と共用部の範囲や割合の設定基準・その使い方・管理費や修繕積立金をどのように負担するかなど、それに管理組合の運営に関しても定められています。管理規約は管理組合の活動のベースにもなっているということです。

この管理規約を制定するには、管理組合の開催する総会の特別決議で決議されなくてはならないことになつています。特別決議というのは全組合員つまり全区分所有者の4文の3以上の賛成をもって決議されるものです。新築分譲物件の場合は、分譲会社が管理規約を作って購入者が同意するというやり方が一般的です。その後管理規約の内容を変更したり、新たな規約を追加する場合には管理組合の開く総会で特別決議される必要があります。

PICK UP!

Copyright 2017 賃貸マンションを利用する為の記事です。 All Rights Reserved.