賃貸マンションを利用する為の記事です。

賃貸マンションを利用する為の記事です。
賃貸マンションを利用する為の記事です。

マンションの今後について素朴に思うこと

マンション関係の記事がネット上にたくさん出回っていて少子高齢化の現在では都心回帰の動きが顕著なので暮らすなら都心がイイと言う論調が目立ちます。その理由はすでに郊外型はスラム化している昔の物件などをちらほら見かけるようになっているので将来は見込めないのでいったん自分たちが住んでいた物件を中古で売ったとしても売れる確率や売れる金額は少ないということ、都心の中心部だと高値で売れるという根拠であります。ついでに中心部に住む方が普段の生活で余計な通勤時間が少ないし、普段の買い物や娯楽が便利だという論調であります。

しかし素人的に考えてマンションの今後について素朴に思うことはいくら都心回帰でも中心部以外の新規販売はすべてダメになるとは思えないということであります。というのは東京の場合、23区の鉄道沿線やループラインの中心部の値段はバブル時代に比べて下がったとはいえ、依然として坪単価も250を超えるようなのがたくさんで庶民には手の届かない値段だからです。つまり建物買うなら相当な富裕層しか住めないエリアなのです。ということはそれ以外の中間層を含めた住民はファミリー層を含めてすべて生涯賃貸で暮らさないとならないということを示唆しているからです。もちろん生涯賃貸で暮らす人もたくさんいるでしょうが、東京は人の数も半端なく多いので家を買いたいと考えている人の数も人口が減少してきたとしてもそれほど劇的に減るとは思えないのです。なのでどうしても坪単価の安い23区外を求めて探すことになると予想するのです。ただし23区外でもマンション買うなら駅から徒歩で歩ける範囲内が対象ではあります。

PICK UP!

比べてお得!

Copyright 2017 賃貸マンションを利用する為の記事です。 All Rights Reserved.