賃貸マンションを利用する為の記事です。

賃貸マンションを利用する為の記事です。
賃貸マンションを利用する為の記事です。

中古マンションを購入する際のポイント

私はマイホームとして中古マンションを購入しました。築11年の中古マンションを購入したのですが、取得費用も安く暮らしも快適なのでとても気に入っています。暮らしが快適な中古マンションを選ぶにはポイントがいくつかあります。例えば築年数です。中古マンションを購入する際には築年数が10年から15年程度の物件をお薦めします。なぜならば築年数が10年未満のマンションは価格が大幅に下がることはほとんどないのです。価格が大幅に下がるのは築10年を過ぎたあたりからですので、取得価格を抑えつつ、価値の高い物件は築10年から15年程度の物件なのです。

またマンションで暮らす際にはランニングコストが低い物件がお薦めです。ここでいうランニングコストとは、管理費、修繕積立金、駐車場代、固定資産税のことです。特に小規模マンションの場合は、ランニングコスト高くなりやすいので、注意が必要です。大規模マンションならばランニングコストがスケールメリットにより安くなる場合もあります。また管理状態を確かめることも大切です。管理組合が機能しているかどうか、またマンションのゴミ捨て場は清潔かどうか、駐輪場は整理整頓されているかなどは、とても大切なチェックポイントなのです。これらに注意をして中古マンションを購入することをお薦めします。

PICK UP!

Copyright 2017 賃貸マンションを利用する為の記事です。 All Rights Reserved.