賃貸マンションを利用する為の記事です。

賃貸マンションを利用する為の記事です。
賃貸マンションを利用する為の記事です。

新築と中古マンションのメリットとデメリット

マンションには賃貸の他に、ひとつの部屋を購入して自分のものにできる分譲マンションというのものがあります。分譲マンションは、住宅ローンを組んで部屋を買うことで、マイホームとして自由に使うことができ、そのマンションの住民が使用できる共有施設も使うことができます。マンションの住民同士で修繕積立金を積み立てておき、定期的に補修工事をして末永く使えるようなシステムになっています。

分譲マンションには新築と中古とがあります。新築分譲マンションは新しいマンションに住める、住民がみんな同じ時期に引越しをして入居をするので顔見知りになりやすい、修繕積立金が中古マンションよりも安い場合があるというメリットがあります。逆に価格が高い、購入前に内部の見学ができない、物件数が少なく、住みたいエリアに建っていないことがある、などのデメリットがあります。

中古マンションは、価格が安い、購入前に内部の確認ができる、物件数が多い、住み替えがしやすい、資産として価値が落ちにくいなどのメリットがあります。デメリットは、建設途中が見れないので欠陥住宅にあたるリスクがある、リフォーム代が高くつく場合がある、修繕積立金が高めなどがあります。

PICK UP!

Copyright 2017 賃貸マンションを利用する為の記事です。 All Rights Reserved.