賃貸マンションを利用する為の記事です。

賃貸マンションを利用する為の記事です。
賃貸マンションを利用する為の記事です。

関西でも駅まで10分を超えるマンションは厳しいかもしれない

マンションと一戸建ての住まいを買うにあたって比較する場合で大事なのは価格や広さもさることながらどこにあるかということです。いずれにしてもできるならば、ある程度の利便性の高い場所で暮らしたいのは大半の人にとってはやまやまなところであります。しかしそのある程度が東京と関西では似て異なることに大きな注意をしないとならないということです。そのある程度の利便性で東京の場合はかなり都心志向が強くなっています。だから価格面で有利な前者に人気集中で売れるのです。しかしこの都心というキーワードがややこしくしているのです。そのためこの原稿では東京の都心とは23区内でしかも駅から歩いて10分以内であると定義します。都心と対比するキーワードで郊外がありますが、東京の郊外は23区外だったり23区内でも駅から徒歩10分を超える距離であると定義します。その東京都心が好まれる理由は通勤時間が短くて済む、高齢者だと病院が近い、将来売却の際に高値で売れやすいなどの理由が占めています。

しかし関西では少々これとは様相が異なります。関西ではそこまでしての中心部志向はありません。環状内エリアで暮らすよりもある意味の郊外で暮らしたいほうが好まれます。しかし関西での郊外は東京と少々違います。関西で言う郊外とは2つ意味合いがあります。1つは環状外エリア、もう1つは東京と同様に駅から徒歩10分を超える距離であるということです。ちなみに一番ダメなのは東京と同様に駅から10分を超えるマンションは軒並み販売状況が苦戦であるということです。ならば環状内エリアで駅に近ければ一番いいのかというとそういうわけではないのです。つまり関西でいちばん好まれるのは環状外エリアで鉄道駅から徒歩で10分以内の場所でキタの中心部駅から1時間以内のエリアなのです。

PICK UP!

Copyright 2017 賃貸マンションを利用する為の記事です。 All Rights Reserved.